DAIGOさんの本『人を操る禁断の文章術』の要約【今すぐ人を行動させる】文章の書き方

DAIGOさんの本でおすすめの『人を操る禁断禁断の文章術』
を要約しています!

この記事を読んで頂くと【今すぐ人を行動させる】文章の書き方
が分かり文章力も付きます。

【人を操る】心理、方法、言葉も学べるのでブログ、
アフィリエイトをやっている人は必読です。


YouTube【Zenzen副業の世界へちゃんねる】

動画バージョンは、コチラ⇒⇒⇒リックしてください







人を操る禁断禁断の文章術


DAIGO流【人を操る禁断の文章の書き方】



読んだ相手の心を揺さぶり、想像力をかき立てるように書きましょう。


文章を書く目的は「今すぐ人を行動させること」です。

つまり


読む→反応→創造→行動

させる書き方をしましょう。

人を操る禁断禁断の文章術


会話では顔や身だしなみ、声のトーン、言葉の使い方など
全てに気を配る必要がありますが・・・


文章はイメージのコントロールが簡単にできます。

書き直せるし

結果を見直して、微調整する事もできます。




文章が持つ力は無限大

文章が持つ力は無限大


【目標】は文章化されることで、より明確になり達成しやすくなると
心理学で証明されています。

ありきたりな文章を名文に変える方法

状況を想像させる言葉が入っているか?

ありきたりで常識的な言い回しに、過剰で具体的な条件を表す言葉を
組み込むと、名言になります。


「諦めないことは大切だ」
    ⇓⇓⇓
「諦めたら、そこで試合終了だよ」









「書かない」3原則で人を操る

「書かない」3原則で人を操る

あれもこれもと書きすぎないこと

「自分が何を伝えたいか」ではなく、「この文章を読んだとき、
相手にどんな行動をして欲しいか」を考えてください。


どのように書けば、読み手が「それをしてもいいかな?」
「是非そうしたい」と思うかを考えてください。

「伝わる文章」よりも「したくなる文章」を書く



ワンメッセージ・ワンアウトカムの法則


文章に込めるのは1つのメッセージだけ

そのメッセージが相手に伝わり、心を動かすことで1つ結果を得られます。

あれもこれもと書きすぎないこと




短いセンテンスで説明過ぎない文章を書くコツ

どんな人が読むのか

読んだ人にどう行動して欲しいか


この2点に気をつけて書きましょう!



心を動かすエンジンは、相手の中にしかありません。

文章は、そのスイッチを押すための道具なのです。


きれいに書かない


贈り物に添える文章に必要なのは、当たり障りのない時候の
挨拶ではありません。


飲みながら交わした何気ない会話の続き

相手が関心を持っていた出来事の報告

互いを結びつける言葉


などを添えるようにしましょう。

きれいに書かない


なぜ当たり障りのない、きれいな文章を書いてはいけないのか?

それは、自分の感情を抑えてしまうからです。


鏡のような効果を生み、相手の心から沸き上がってくるはずの感情をも
押さえてしまうのです。



人を動かすのは「論理」ではなく「感情」



読み手は心が動かされると、書き手の狙い以上に、多くのことを想像し解釈を広げてくれ行動したくなります。









自分で書かない


例えばパートナーの方が多く稼いでいる、男の人がいるとします。

何となく引け目を感じています。

そういう要素を抱えた夫が、何について悩んでいるか?

それを想像することが「自分で書かない」ことに繋がります。


つまり文章は自分で考えるのではなく、読み手の心を読んで
読み手の心の中にあることを書くのです。

自分で書かない



読み手は書き手が期待するほど、文章としっかり向き合ってくれません。

だからこそ、「読み手の心を読む」

これを読むのはどんな人か、どんな人たちかを十分に調べておくこと



多くの人は、自分が読ませたいことを書こうとします。

読み手のことについて、意識していません。


「こういう文章なら、読んだ後に行動してくれるか」と考えましょう。


読み手がどんな言葉を使っているかを想定して書きましょう。



刺さる言葉はあなたの中にではなく、相手の中にあります。



詳しく知りたい方は、下記よりお買い求めください。

人を操る禁断の文章術(メンタリズム)/DaiGo【1000円以上送料無料】
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/23時点)楽天で購入







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です