DAIGOさんの本『人を操る禁断の文章術』の要約③【今すぐ人を行動させる】文章の書き方ブログ、アフィリエイトをやっている人は必読

DAIGOさんの本でおすすめの『人を操る禁断禁断の文章術』
を要約しています!

【人を操る】心理、方法、言葉も学べるのでブログ、
アフィリエイトをやっている人は必読です。


YouTube【Zenzen副業の世界へちゃんねる】

動画バージョンは、コチラ⇒⇒⇒リックしてください










5つのテクニックに従って書く


書き出しはポジティブに


書き出しはポジティブに



明るい調子で書き始める。

それだけで、相手の心をつかみ、その先を読みたいと思わせます。

「お疲れ様です」で始まるメールより「おはようございます」
で始まるメールにしましょう。


「初頭効果」

瞬間的に感じた第一印象は、その後の付き合いにも、ずっと影響を与えます。



初対面の印象は7秒で決まり、半年間持続します。










何度でも繰り返す

何度でも繰り返す


同じ「意味」と「感情」を文章の中で、言葉を変えて繰り返していきます。

説得力が大いに上がります。


3回の繰り返しで46%、10回で82%説得力が向上します。


しかし、同じ「言葉」を繰り返すと飽きてしまうので注意!



相手にまた誘ってもらいたいとしたら、「自分だったら、どんな人とまた会いたいと思うか」を想像しましょう。

5W1H」に当てはめれば簡単です。

「誰」「何が」「いつ」「どこが」「なぜ」「どのように」


読み手にあわせて言葉を変えましょう。

年齢や性別を念頭に置きながら、言い回しを変えましょう。




話しかけるように書く

話しかけるように書く



文章より会話の方が内容を覚えやすいんです。



表情や動作といった視覚情報があるからです。


やりとりの中に「Q&A」があると良いです。

自分がこう言ったら、相手はこう反応すると想像しましょう。

疑問や反応を取り込んで書きましょう。




上げて、下げて、また上げる



上げて、下げて、また上げる



書き始めから上げていくより、一度落とすことで感情の起伏が
大きくなり感動が高まります。


ピンチは文章でチャンスに変わります。

伝えづらい内容を、ポジティブな書き出し、可能な打開策で挟みましょう。









追伸をつける

追伸をつける



あらゆる文章の中で人が最も読み、心に残るのは追伸部分です。



「ツァイガルニク効果」

人間は達成した課題よりも、達成されなかったことや中断されていることを、よく覚えている。



「まだ続きがあること」の方が強く記憶に残ります。

中途半端なままにしている仕事や宿題、もう少しで
親密になれそうな異性など・・・


逆に一区切りつくと、人は忘れてしまいます。

区切りのついいてないもの、終わっていない話は必ず
脳のどこかで考え続けられます。



いくら考えても出なかったアイデアが、ふいに思いつくことがあります。

無意識のうちに、脳が考えてくれたから。


相手の頭から、あなたのメッセージが離れなくなる追伸の書き方


①追伸の前の部分で一度、きちんと話を終了させておく

②追伸の短文の中に、クライマックスをつくる

相手の頭から、あなたのメッセージが離れなくなる追伸の書き方


追伸に伝えたい「願望」や相手に「行動させたいこと」を書く




以上でメンタリストDAIGOさんの本『人を操る禁断禁断の文章術』の要約を終わりたいと思います。

例文など詳しく読みたい方は、下記よりお買い求めください。

人を操る禁断の文章術(メンタリズム)/DaiGo【1000円以上送料無料】
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/27時点)楽天で購入









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です