『スタンフォードの自分を変える教室』要約⑦

このブログを読んで頂ければ、受けた学生の97%の人生に影響を与えた
スタンフォード大学の超人気講義の内容がわかります。

そして、あなたの人生がわずか5分で変わります!

今回は第7章をまとめていきます! 前回の⑥はコチラ




YouTubeチャンネルにて、同じ内容を動画で説明もしていますので、
併せてご覧ください!

Zenzen副業の世界へちゃんねる

動画バージョンは⇒⇒⇒コチラをクリックしてください!




将来を売り飛ばす

欲しいものは「いますぐに」手に入れなければ気がすまず、
やりたくないことはすべて明日へ延ばしてしまう



目先の快楽にこれほど弱い理由の一つは・・・


脳の報酬システムが、将来の報酬に反応するべく進化していなかったからです。

どういうことかといいますと

大昔の人間に必要だったのは、報酬が手に入りそうな時に
さっと飛びつくようなシステムだったからです。

欲しいものは「いますぐに」手に入れなければ気がすまず、
やりたくないことはすべて明日へ延ばしてしまう

それは、そうですよね。
大昔は狩りをしていたので、いつも食事を摂れるとは限りません。
食料(=報酬)をみつけたら、直ぐに飛びつかないと、命に危険が及びます!


目に入るから「報酬システム」が作動する


目の前で見ることができなければ、報酬システムにとっては抽象的で
それほど魅力がありません。

アメの入った瓶をデスクの上に置かずに、引き出しの中にしまっただけで
アメの消費量が3分の1に減ることが、実験の結果でわかりました。

つまり、

目に入るから「報酬システム」が作動する

実際にその物を目にしない限りは、そこまで欲しいと思わないので
意志力の力で我慢しやすいという事です!



「10分待つ」と何が起こるか?


欲しい物のために10分待つことなんて、たいした事じゃないと思うかもしれません。
しかし、たったそれだけの事で、報酬に対する脳の受け止め方は
大きく変わる事がわかりました。

ですから、

脳を落ち着かせて賢明な判断をさせる為には、どんな誘惑に対しても
10分間は辛抱して待てばいいのです。

「10分待つ」と何が起こるか?

もし、10分待っても、まだ欲しければ手に入れてもいいでしょう。

しかし、10分待っている間に、誘惑に打ち勝ったあかつきに待っている
長期的な報酬を思い描いてください!

あなたは今、目の前にある美味しそうなケーキ(=誘惑)を眺めています。
そこで、10分間「これを食べなければ、体重を減らすことができ、
ステキな服を着ることができる!」(=長期的な報酬)思い描きながら待ちましょう。
きっと、ケーキを食べることは、なくなるでしょう!


10分ルールでタバコを減らす

10分ルールでタバコを減らす


もしタバコを吸いたくなったら、絶対に10分は待ちましょう。
10分待って結局吸ってしまっても、待つことによってタバコをやめたいという意志
次第に強くなっていきます

さらに応用編として、10分待つ間にタバコの吸えない場所に
移動
してしまうという荒業もあります。

これなら、タバコを止められそうですかね??



「割引率」が10年後の成功を決める


将来の報酬を割り引いて考えてしまうのは、人間の性だが・・・

長期的な成功を収める人は、将来大きな報酬を手に入れることを
常に念頭に置き、そのために待つことができます

では、対処法を教えましょう!

何かの誘惑にかられたとき、目先の欲求に従いたくないと思ったら、
次のような意思決定の仕方をしてみてください。

①長期的な利益に反する行動をとりたくなった場合は、目先の快楽に
  負けてしまったら、後で手にするはずの最高の報酬を
  あきらめることになると自分に言い聞かせる。

②長期的な報酬が、手に入ったところを想像する。


③「一時の快楽のために、大事な目標を諦めていいのか?」自分に問う。

「割引率」が10年後の成功を決める



逃げ道をなくす方法


①決めたことを実行するために手を打っておく。

例えば、腹ペコの状態でファーストフードに行くのではなく、
ヘルシーなお弁当をあらかじめ用意しておく。

②望んでいることと、逆のことをやりにくい状況をつくる。

自宅やオフィスには、誘惑のもとを置かない。
買い物に行くときは、クレジットカードを持たない。

③自分にモチベーションを与える。


決めた目標を達成できなかった場合は、チャリティーにお金を寄付する。


この3つの方法を、あなたなりにアレンジして、逃げ道を断つことで
目標を達成しましょう!



逃げ道をなくす方法

将来のことを考えるとき、陥りがちな落とし穴があります。
遠い将来の報酬には、余り現実味がないため、つい目先の欲求を
充足させたくなってしまいます。

賢い決断をするには、自分の将来のことをよく考え、
そのためになることをする必要があります。



いかがでしたでしょうか??

この第7章では



「欲しいものは「いますぐに」手に入れなければ気がすまず、
やりたくないことはすべて明日へ延ばしてしまう」
「実際にその物を目にしない限りは、そこまで欲しいと思わないので
意志力の力で我慢しやすい」
「脳を落ち着かせて賢明な判断をさせる為には、
どんな誘惑に対しても 10分間は辛抱して待つ」
「10分ルールでタバコを減らす」
「「割引率」が10年後の成功を決める」
「逃げ道をなくす方法」

をお伝えしてきました。

もっと詳しく知りたいと思ったあなたは、下記より書籍をお買い求めください。
詳しい実験の話なども載っていますので、もっと根拠のある話が書いてあります!

スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル/神崎朗子【1000円以上送料無料】
価格:814円(税込、送料別) (2020/1/29時点)楽天で購入
図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室 [ ケリー・マクゴニガル ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/1/29時点)楽天で購入


YouTubeチャンネル

Zenzen副業の世界へちゃんねる

3 Replies to “『スタンフォードの自分を変える教室』要約⑦”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です