『金持ち父さん 貧乏父さん』要約 学校では教えてくれない【お金の秘密を学び】お金持ちになろう!

突然ですが、あなたは今のままではお金持ちにはなれません。

考え方を変えない限りは、収入が増えても
お金持ちにはなれません。

この記事は、こんな方にオススメ

👉お金持ちになりたい方
👉老後が心配な方
👉子供(自分も)に楽をさせたい方

記事を読むとどうなる?

👉ズバリ、お金持ちになれる
👉早期リタイアして、南の島やヨーロッパでゆったり暮らせる
👉ストレスまみれ、満員電車からも解放される

『金持ち父さん 貧乏父さん』要約 学校では教えてくれない【お金の秘密を学び】お金持ちになろう!

結論

『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んでお金について学べば

あなたもお金持ちになれます!



そんに美味しい話がある訳ない!

っと思っていますよね?

自分も『金持ち父さん 貧乏父さん』を読むまでは、そう思っていました。


しかし、お金の事をきちんと学ぶと、お金持ちになるのって
簡単なんじゃないか?

考え方さえ変えれば、自分でもお金持ちになれるんだって思います。



っと言うか、

こんな簡単な事だったら、
小学校で教えてくれよ

                       って思います。


ここまで言われたら、気になりませんか??

しかも忙しいあなたの為に、このZenzenが要約して、重点だけ教えます。

なので、5分だけお時間を頂きたいです。

動画が良い方は、👇👇👇をクリックしてください。

Zenzen副業の世界へちゃんねる









金持ち父さんの6つの教え


金持ちはお金のために働かない


人生から教訓を学べれば成功します。


人間には二種類います。

1つは人生につつき回されても、そのままにする人。

もう一つは、怒ってつつき返す人。

でも多くの人は、つつき返す人を間違えてしまいます。

人生がつついてるとは思わず、社会や会社、周りの人をつつき返すのです。

金持ちはお金のために働かない



しかし、人生につつき回されたときこそが、学ぶチャンスなのです!



ほとんどの人が人生の一番いい時期をお金の為に働いて過ごします。

お金のことを理解することなくです。

中流以下はお金の為に働く

金持ちは自分の為に、お金を働かせる

金持ちはお金のために働かない



学校はお金の為に働く方法を学ぶところです。


お金について、きちんと学ばないと、高い給料をもらっても
お金に困ってしまいます。

給料が入ると、もっと快適な生活を、もっと贅沢なモノをと
欲望に支配され、支出が増えるだけです。

そして、お金がなくなると怖くなるのです。


これが大抵の人が陥るラットレース(ハムスターの遊具のあれ)です。

起きて→仕事→支払い→起きて→仕事→支払いの繰り返し

困ったことに、お金の為に働くのが正しいと信じているのです。



まずは、この罠に気づいてください!

金持ちはお金のために働かない


じゃないと金持ちになっても、問題は解決しません。

収入が増えても、欲望はもっと増すし、お金を失う恐怖ももっと増します。



恐怖と欲望をコントロールする方法を学びましょう!

貧乏の原因は、国の経済や政治のせいではなく、無知のせい

恐怖と欲望を大きくするのは、無知です。









お金の流れの読み方を学ぶ

お金の流れの読み方を学ぶ



人生で大事なのは、どれだけのお金を稼げるかではなく、
どれだけのお金を持ち続けることが出来るかです。


資産と負債の違いを知り、資産を買わなければならないのです!


では、ここであなたに質問です。

マイホームは資産ですか? それとも負債ですか?

お金の流れの読み方を学ぶ



金持ちは資産を手に入れる

中流以下の人たちは、負債を手に入れ資産だと思い込む


ヒント! 資産と負債はここが違います。

資産は、私のポケットにお金を入れてくれます。

負債は、私のポケットからお金を取っていきます。


答えは出たでしょうか?



そう答えは、マイホームは負債なのです。



何故ならローンにしろ、キャッシュにしろお金が出ていくからです。

ここがかなり重要なポイントです。

ここが飲み込めないと、次に進めません。

よく家賃を払っても何にも残らないが、ローンを払えば自分のモノになるから、お得ですよって言われますよね?

しかし、金持ち父さんに言わせれば、負債なのです。



お金が出ていく事=負債 なんです。



もっと言うと、買った家を人に貸して家賃を取れれば、それは資産なんです。

少しは、理解してきたでしょうか??

つまり、家を買う前に充分なキャッシュフロー(収入)を
生む資産を先に買いましょう!








他人のふところにお金が入ってしまう
3つの仕組み

他人のふところにお金が入ってしまう
3つの仕組み


会社に勤めていて、持ち家を持っている人は

①他人のために働く

会社のオーナー、株主をお金持ちにするために働いている


②政府のために働く

働けば、働くほど税金を多く払う


③銀行のために働く

住宅ローンのために働く


富というのは、今日仕事を辞めたとして、あとどのくらい
生きていけるかという事なんです。


資産から生み出される収入で、支出がまかなえるようにしましょう。

余った分を再び資産に組み込みましょう。


経済状態がギリギリだから、投資信託など安全策を取らないといけませんが

資産の基礎があれば、投機性の高い投資(2倍~無限大の成長の可能性を持つ
投資)に目を向けることができます。




早い者勝ち!参加費無料のマネーセミナー







まとめ

まとめ


金持ちは資産を買います。

つまり、あなたのポケットにお金を入れてくれるモノを買います。

貧乏人の家計は支出ばかり

中流の人間は、資産だと思って負債を買います。


『金持ち父さん 貧乏父さん』の6つの教えのうちの2つを紹介しました。

考え方が全然ちがうので、大変興味深かったのではないでしょうか?

今後、残りの4つの教えを紹介するのでお楽しみに!


詳しく知りたい方は、下記より『金持ち父さん 貧乏父さん』シリーズを
お買い求めください。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 [ ロバート・キヨサキ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)楽天で購入

金持ち父さんの投資ガイド(入門編)改訂版 [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)楽天で購入

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント改訂版 経済的自由があなたのものになる [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)楽天で購入

金持ち父さんの学校では教えてくれないお金の秘密 [ ロバート・T.キヨサキ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/2/29時点)楽天で購入

One Reply on “『金持ち父さん 貧乏父さん』要約 学校では教えてくれない【お金の秘密を学び】お金持ちになろう!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です