『ライフ・シフト』~100年時代の人生戦略~要約④【高齢化を厄災から恩恵に変える方法】


今20歳の方は、50%が105歳まで生きるんです。

人生の道筋に関する常識は、すでに変わりました。

高齢化を厄災ではなく、恩恵に変えていく方法を教えます!


この記事は、こんな方にオススメ

👉高齢化社会を不安に思っている方
👉新しい人生の道筋を知りたい方
👉これから就職される方

この記事を読むとこうなる

👉高齢化社会を恩恵に返られる
👉キラキラとした、新しい人生が見える
👉どういう事に気をつけて就職先を選べばいいか分かる

『ライフ・シフト』100年時代の
人生戦略 


前回を読んでない方は

動画案内

動画が良い方は、👇👇👇をクリックしてください。

Zenzen副業の世界へちゃんねる


忙しいあなたのために、Zenzenが『ライフ・シフト』を要約して、
重点だけ教えます。

5分だけお時間をください。



まずは、新しい3つのステージを紹介していきます。








エクスプローラー(探求者)

エクスプローラー(探求者)のステージ


旅をすることにより世界について新しい発見をし、
自分についても発見をします。


周囲の世界を探査、そこに何があり、その世界がどのように動いているのか、自分が何を好み、何が得意かを発見しましょう!


エクスプローラーの2つのタイプ




【捜索型】

特定の問いの答えを見つけるために旅に乗り出します。

目的地が分かっていて、そこに行く。

「私にとって何が重要か?」
「大切にするものは何か?」
「私はどういう人間か?」


【冒険者型】

新しいものを発見する喜びを味わうために旅に出ます。


エクスプローラーのステージを
上手く機能するために


多様なものに触れ、真の実験が行われるときです。

単に経験するだけでなく、その体験について自問しなければ
自分のモノに出来ません。

問いを発し、注意深く観察し、熱心に耳を傾ける事です。

エクスプローラー(探求者)のステージ

変身資産という新しいタイプの資産が重要



本やウエブでなく、実際に人々と顔を合わせ理屈抜きの感情レベルの
経験をしましょう。

目の前の人たちの存在そのものに触れましょう。



人的ネットワークの多様性が増せば、自己像の多様性も増します。

自分という存在の境界を押し広げ、固定観念から脱却しましょう。



人生が長くなると、多様化するのでもっと多くの選択をします。

正しい道を選び取るために、時間を費やすことが重要です。



未来を見据えて、自分の関心と情熱に沿った教育を受けましょう。

価値観に合い、やり甲斐を感じられ、自分のスキルと関心を反映していて
袋小路にはまり込まない仕事を、見つけるスキルと知識を伸ばせる就職先を探しましょう。



長く一緒に過ごせて、相性のいいパートナーを見つけましょう。

自分のスキルおよび、働き方との相性がよく、自分を補完してくれるビジネスパートナーと出会いましょう。


長く生きる時代には、自分と相性のいいものを見いだす
資質が重要です。

有効なエクスプローラーのステージを
生きるためには・・・

活動と発見の時期を過ごす事を心がけましょう。

よく考えて計画を立ててはじめて、このステージの恩恵が得られます。







インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)

インディペンデント・プロデューサー(独立生産者)


旧来の起業家とは性格の異なる新しいタイプの起業家になったり、企業と新しいタイプのパートナー関係を結んだりして経済活動に携わります。


旧来のキャリアの道筋から外れて、自分のビジネスを始めた人たちが
このステージを生きます。

職を探す人ではなく、自分の職を生み出す人です。

基本的には永続的な企業を作ろうと思わず、成功することよりも、
事業を始めることを目的としましょう。


有形の資産はあまり築けないが、無形の資産を充実させることができます。

自分が経験していることに意識を向け、それをありのままに受け入れる姿勢を強く持ち、試行錯誤をスピーディーに繰り返して学びを深めていきましょう。


また、本業と平行して実行することも多いです。

試行錯誤を繰り返すことにより、絶えずフィードバックを得てプロジェクトを成功させる方法を見いだしていきましょう。


専門知識を身につけ、学習し生産活動に携わる時期です。

このステージで身につくスキルや知識は、様々な産業で有効なので
未来の仕事でも役に立ちます。



もっと年齢を重ねた人の場合、組織に属さずに働くことはライフスタイルを
維持し、同時に生産性資産と活力資産を支える有効な方法となります。


年長世代の企業家たちは知的財産を守ろうとしてきましたが、新しい世代のインディペンデント・プロデューサーは他の人たちとシェア使用とします。

真似されることは、高く評価されている証だと考えます。

この「みんな参加」の精神は、高い価値を生み出せる協働型の人的ネットワークの本質です。


物事を生み出すこと、それを通じて障害を克服できる人物という評判を
確立します。

評判は将来経験するステージで、貴重な無形の資産になります。

手がけた仕事をまとめたウェブサイト、ツイッターの投稿やYouTubeチャンネルなど、アイデアと能力を宣伝しましょう。

高い能力を築き、上手にそれを見せて宣伝することが重要です。


エクスプローラーとインディペンデント・プロデューサーのステージは無形の資産、特に変身資産への投資が中心になるので、金銭面のやりくりは難しいです。

そこでシェアリング・エコノミーを利用しましょう。

個人が購入もしくは創造した資産を他の人に利用させて収入を得ましょう。








ポートフォリオ・ワーカー

ポートフォリオ・ワーカー


様々な活動に同時並行で取り組みたい時期のことです。

様々な可能性を探究し、実験するために選択する人もいれば、
やり甲斐のある仕事に就くことが難しいために選ぶ人もいる。

所得の獲得を目的とする活動、地域コミュニティとの関わりを目的とする活動、趣味を極めるための活動など、様々な活動のバランスを主体的に取りながら生きようと考えます。


スキルと人的ネットワークの土台が確立できている人にとって、
このように高い価値を生み出せるポートフォリオワーカーのステージは有効です。



移行期間

移行期間


3ステージの人生では、移行は2かいだけでした。

教育から仕事への移行、仕事から引退への移行。

マルチステージの人生は、その回数がもっと増えます。

変身に役立つ無形の資産の重要性が、非常に大きくなります。



あり得る自己像が、現状の自分の姿より魅力的に見え始めることが
出発点になります。


様々なアイデアが試され、学習のサイクルが実現します。

この時、多様性のある人的ネットワークを持っていれば移行のチャンスに
気づきやすいのです。









2つのタイプ移行期間

2つのタイプ移行期間


エネルギーを再充填したいという単純な動機
に基づく移行期間

長年働いていると、活力などの無形の資産が底をついてしまいます。

次のステージに進む前に、まとまった時間を取ってこれらの無形の資産に
投資したいと感じる。



自己の再創造を中心とする移行期間


枯渇した活力資産への投資よりも、新しいスキルや知識、新しいネットワーク、新しい視点などの生産性資産への投資を積極的におこなう期間です。



移行期間は金銭的資産が減るので、前もって準備しておきましょう。




今回は、かなり長くなってしまいました。

次回は『新しいお金の考え方』を紹介していきます。


詳しく知りたい方は、下記より書籍をお買い求めください。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)楽天で購入





One Reply on “『ライフ・シフト』~100年時代の人生戦略~要約④【高齢化を厄災から恩恵に変える方法】”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です