『ライフ・シフト』~100年時代の人生戦略~要約⑥【高齢化を厄災から恩恵に変える方法】

今20歳の方は、50%が105歳まで生きるんです。

人生の道筋に関する常識は、すでに変わりました。

高齢化を厄災ではなく、恩恵に変えていく方法を教えます!

この記事は、こんな方にオススメ

👉高齢化社会を不安に思っている方
👉新しい人生の道筋を知りたい方
👉これから就職される方

この記事を読むとこうなる

👉高齢化社会を恩恵に返られる
👉キラキラとした、新しい人生が見える
👉どういう事に気をつけて就職先を選べばいいか分かる

『ライフ・シフト』100年時代の
人生戦略 

前回を読んでない方は

動画案内

動画が良い方は、👇👇👇をクリックしてください。

Zenzen副業の世界へちゃんねる

忙しいあなたのために、Zenzenが『ライフ・シフト』を要約して、
重点だけ教えます。

5分だけお時間をください。






変革への課題

変革への課題



最も切実なのはお金の問題だが、無形の資産に目向けると、
本当に重要なことが見えてきます。

長寿を厄災ではなく恩恵に変えるためには、

人生の設計と時間の使い方を見直す必要があります。

変化を予期して行動



計画を立てて行動しないと、長寿は厄災になってしまいます。


100年ライフの計画を立てるためには、

自分がなにをしたいのか、どのように達成したいのか
決断しなくてはなりません。



昔のように特定のロールモデルに従う時代ではありません。

何が自分にとって上手くいくか、何を楽しく感じ、何に価値を見いだすのか
実験してください。



長い人生を生きるうえで、何かに打ち込むことが重要です。

同じやり方や、行動を繰り返すだけでは過酷な老後が待っています。

物事に習熟するうえでカギを握るが、自己効力感(自分ならできるという認識)と自己主体感(自ら取り組むという認識)です。



自己効力感を高めるには世界で何が起きていて、変化に対処するために何ができるか、誰もが理解を深める必要があります。


人生設計というテーマを、自由に語り合い具体的に検討する必要があります。

無形の資産(健康、知識、スキル、家族、友人など)について、
もっと話し合う事が大切です。

また余暇時間の使い方、パートナー同士の深い関わり合いの意思なども
話し合う必要があります。

学習と教育が、いっそう重要になってきます。



事業用WordPressテーマなら「New Standard」まずは無料体験

6つの企業の課題

6つの企業の課題


無形の資産に目を向ける 
どのような無形の資産があるかを考える


仕事を通して無形の資産を育めるか?

職場外で築く後押しができるか?



無形資産について詳しく知りたい方は⇓⇓⇓の記事をお読みください。

移行を支援する


人生での移行の支援を提供(スキルを訓練、人的ネットワーク)する。


キャリアに関する制度や、手続きを見直し
マルチステージの人生を前提にしたものに改める


長期間仕事を離れて学校に通ったり、ボランティア活動などをして過ごす期間を取ったり、キャリアのペースを上げ下げできるようにする。


キャリアの途中で移行を成功させ、活力を充実させるための支援をする。


仕事と家庭の関係の変化を理解

仕事と家庭の関係の変化を理解


家族のあり方が多様化します。

夫婦の両方がキャリアを追及、仕事以外の事に時間を割く、役割を二人で交互に支えるなど。


企業には能力評価や、資源分配の判断を性別に関係なく
おこなうように転換しなくてはならない。


年齢を基準にするのをやめる


年齢による区別は、マルチステージの人生には適さない。

年齢と経験は、比例しないから。



どのような働き方を認め、どのような経歴の
持ち主を評価するか


指針にできるロールモデルが乏しいため、新しい試みを実験せざるを得ない。

履歴書の空白期間にもっと寛容になる。

空白期間は、無形の資産をマネジメントするための期間なのだから。




この6つの提案を実践するには、一大改革が必要になります。

標準的な労働時間と、退職年齢に幅広い選択肢を用意し、
個別の交渉にも応じなくてはなりません。


マネジメントが複雑、従業員の間に不平等が生じる、コストもかかる
など問題が山積みです。


また高スキルの人の給料が増し、中スキル、中賃金の人が少なくなります。

希少な才能の持ち主は、企業と交渉ができ、充実した選択肢を持てるので
人生を思い通りに構築できます。





政府の課題

政府の課題



個人が人生設計の見直しを迫られるでしょう。

そのため、法制度、税制度、社会保障制度、雇用制度、結婚制度、教育制度を
変えなくてはならないでしょう。



引退年齢が引き上げられないまま、平均寿命が延びて年金、医療コストが増大すれば破綻してしまいます。

財政支出の見直しが、必要になってきます。



現在の制度や、政策の多くは、年齢が大きな意味を持ちます。


年齢を基準にしている制度が多いが、今後年齢と人生のステージが一致しなくなってきます。


生涯を通じて利用できる給付金(年金制度)や、融資枠(貯蓄制度)に
もっと力を入れなくてはなりません。

その制度を利用できれば、人生の様々なステージのマネジメントに関して
個人の選択肢と柔軟性を拡大できます。




不平等

不平等



全ての人の寿命が、等しく上昇しているわけではありません。

豊かな人は、貧しい人よりかなり長く生きている。


知識、スキルを再教育するための移行を得る時間と資金を、雇用主と交渉しなくてはなりません。

全ての人が等しく資金を持っていませんし、交渉能力も持っていません。


テクノロジジーのイノベーションが進むと、低所得者は
職を失いやすくなります。


このような不平等を解消するために、政府は支援の手を
差し伸べなくてはいけません。


仕事を中断するとき、一定期間もしくは、一定額までお金を引き出せるように
する、生涯を通じて利用できる公的給付金を導入する必要があります。


投資が必要とされる時期がもっと増えるので、政府がどのくらい介入するかも
大切になってきます。



いま18~30歳の世代が選挙での投票を通じて、政府を動かし自分の将来に恩恵をもたらすよう変化を起こせるが、政治に関わろうとしません。





最後に

最後に



個人、夫婦、家族、友人グループが実験し、既存のやり方を壊し、
再構築しなくてはいけません。


新しい模範的なモデルではなく、柔軟性と個人の自由を
求めなくてはいけません。


有能で経験豊富な人たちは、要求が受け入れられなければ
会社を辞めるでしょう。


こうして、古い仕組みにヒビが入り始めます。


才能豊かな人たちは自分の会社を築き、その後、
大企業に加わることを望みます。


新しい働き方と、生き方を実験したいと思い始めます。

実験を通じて、自分にとって真に大切なものを探索するのです。

一人ひとりの個性と多様性が、推奨されます。

こうして人々は、多様な働き方と生き方を選べるようになります。





これで、『ライフ・シフト』~100年時代の人生戦略の要約を終わりたいと思います。

とても内容が濃く、要約をするのが大変でした。

要約のできに納得がいっていません。

これから生きていくにあたり、とても重大なことなので、時間はかかりますが是非、読んで頂きたいと思います。


またYouTubeでゆる~く解説するので、そちらを見て頂きたいです。

かなり長時間になるので、何か作業しながら聞いて頂いて、気になるところだけ取り入れて頂ければと思います。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略 [ リンダ・グラットン ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/4/5時点)楽天で購入
【 マスク 50枚入り 】2箱で送料無料 200円OFFクーポンあり ■予約■4月29日〜発送 三層構造・不織布マスク 使い捨てマスク ウイルス飛沫 花粉 PM2.5 風邪 中国製 大人 男女兼用 【春 新作】【2020年3月新作】DarkAngel/ダークエンジェル
価格:3680円(税込、送料別) (2020/4/5時点)楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です