『メモの魔力』要約【今までの概念を変えるメモの本当の使い方】あなたの日常にある事が、ビジネスチャンスに!


これから数回に渡り、《SHOWROOM》の生みの親“前田 裕二”さんの本
『メモの魔力』を要約していきます。

このブログを読むと

★メモの新しい使い方がわかります。

★メモによって、人生を大きく変革できます。

★物事の本質を見つけられます。


メモの魔力

動画バージョン


YouTubeでゆる~く解説していますので、動画がいいという方は
コチラ⇓⇓⇓をご覧ください。





メモこそが自分の人生を大きく変革した「魔法の杖」

メモこそが自分の人生を大きく変革した「魔法の杖」



自分の心がたくさんの情報をキャッチするようにしています。

街と対話して、考え、気づいたことを立ち止まってメモしています。

気づいたこと、頭の中に思い浮かんだアイデアをメモしています。


あらゆる日常の出来事を片っ端から、アイデアに転換できます。

普通の感覚では誰もがスルーしてしまう、小さな事象さえ
メモすればアイデアになります。

日常をアイデアに変えます。



対象を自分自身に向けると「自分とは何か」も見えてきます。

今後、お金をどれだけ持っているかではなく、人の感情や共感などといった
「内在的な価値」が対象になる「価値経済」になります。

「自分をよく知って何かに熱中している人」こそ多くの共感を集めます。






メモがあなたの「人生のコンパス」
を作る

メモがあなたの「人生のコンパス」
を作る



自分のことをよく知らないまま生きていくと、大きな判断を求められると、
毎回迷ったりブレたりしてしまいます。

自分の事が分かっていると、明確な価値観や死生観に沿って
正しい方向に向かってオールを漕いでいけます。


自分が何に喜びを覚えるのか、何を幸せと思うのかが
明確になってこそ、大きな推進力を持つことができます。



メモによって夢は現実になる

メモによって夢は現実になる



夢、願いを紙に書きつけることで、その想いは強くなります。

何度も見返すことで、想いは本物へと成長します。

強くなった願いは、心の中にへばり付いて離れなくなります。



現代において「本当に強い」と思う人材は「想いの強い人」

志が高い、夢がある、熱意があります。

そういう強力な軸を持ったある種人間的な人こそが、力強く前に進んで
社会に大きなひっかき傷を残します。







メモで日常をアイデアに変える

メモで日常をアイデアに変える



より本質的な事に少しでも多くの時間を割くために、メモを第2の脳として
活用しましょう。


本質とは、コピーではなく創造、代替え不可能なものです。

クリエイティブで新たな知的生産に繋がる思考や、自分にしか思いつかないような代替え不可能性の高い思考です。

これら価値のある本質的思考に、1秒でも多くの時間を割くために
メモしましょう。


メモは記憶させる[第2の脳」「外付けハードディスク」です。


あいた自分の脳の容量を想像力を要することに、めいっぱい使いましょう。




「知的生産のためのメモ」を取る

「知的生産のためのメモ」を取る



メモには2種類あります。

1つは「記録のためのメモ」

もう1つは「知的生産のためのメモ」です。


「知的生産のためのメモ」を使ってこそ
初めて本領が発揮されます。


人間にしかできないことは、独自の発想やセンス、視点で
アイデアを創出すること。

より希少性が高く、大きな付加価値を生み出せることに、僕ら人間の大切な
時間を割いていくべきです。


全てのアイデアは、ふだん無意識に通り過ぎてしまいそうなことに、目を向けて逃げずに、それらを「言語化」することで生まれています。

その知的生産過程をメモと呼びます。

この人間にしかできない知的生産活動こそが、仕事の神髄です。






今回は序章と1章の途中までを紹介してきました。

メモは記憶を記録するためだけではなく、アイデアを出すための助けにもなる事がわかりました。

次回、より具体的な書き方を説明しますので、楽しみにしていてください。

より詳しく知りたくなった方は、下記より書籍をお買い求めください。

メモの魔力 The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/21時点)楽天で購入

One Reply on “『メモの魔力』要約【今までの概念を変えるメモの本当の使い方】あなたの日常にある事が、ビジネスチャンスに!”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です