『メモの魔力』要約③【今までの概念を変えるメモの本当の使い方】あなたの日常にある事が、ビジネスチャンスに!

これから数回に渡り、《SHOWROOM》の生みの親“前田 裕二”さんの本
『メモの魔力』を要約していきます。

このブログを読むと

★メモの新しい使い方がわかります。

★メモによって、人生を大きく変革できます

★物事の本質を見つけられます。


メモの魔力

前回を読んでいない方へ

第2回目を読みたい方は、コチラ⇓⇓⇓をお読みください。




動画バージョン

YouTubeでゆる~く解説していますので、動画がいいという方は
コチラ⇓⇓⇓をご覧ください。






メモで思考を深める



抽象化は人間に与えられた最強の武器

抽象化は人間に与えられた最強の武器



メモとは単に情報を記録するものではなく、受け取った情報に何らかの意味合いを付与し、そこから知的生産していくために存在します。


知覚した情報を知的生産に繋げるためのブリッジ役として、
抽象化という手法を用います。


抽象化こそ人間に与えられた最も重要な思考機能です。




抽象化とは



空からポツポツ水が落ちてくる、1つ1つの水の粒は大きさが異なるし、成分も微妙に異なる。

それをいちいち細かく名付けていたら埒があかないので、
ひとまとめにして雨と呼びます。


数字も抽象化です。

何かが2つある状態のことを2と抽象化したのです。



誰かが抽象化したルールをただ具体的に使いこなすのではなくて、具体の中から自分でルールを見つける。

また別の具体にそのルールを適用し、独自の視点でどんどん新しい発見や発明、知的創造を行っていって欲しいです。








抽象化の3類型「WHAT」「HOW」「WHY」

抽象化の3類型「WHAT」「HOW」「WHY」



これは頭の中の整理のプロセスです。

一番重要なのは、抽象化する際の問いです。

「WHAT」「HOW」「WHY」のどれを投げかけるのか?



目の前の現象や考え方を抽象化して、別の名前をつけて
呼び直す。

これは「WHAT」


目の前の現象にはどんな特徴があるのかということを
深掘りして考える。

これは「HOW」


ヒット映画が当たった理由を抽出して、また別の企画に
転用したい。

それは「WHY」




価値が高いのは「HOW」「WHY」

他の具体への転用可能性が高く、転用したときのインパクトが大きいです。



「HOW」は、一見全く関係ないような遠いところにある具体現象の要素を
抽象して別の具体に当てはめることができます。

これを覚えると世界中に、アイデアの種が転がっていることに
気づく事ができます。



「WHY」は、他の具体に転用した際のインパクトが最も大きく、知的生産活動において欠かせない最重要思考プロセスです。



ビジネスに携わる方は、少なくとも次の4項目に対しては
「WHY」を向けてください。

①世の中でヒットしているもの

②自分の琴線に触れるもの

③顧客からの要望

④社内で起きている問題や課題



目にしたもの、自分の身に起こったこと、世の中の様々な出来事をなるべく多く深く、抽象化しておくことです。


特徴が気になるものがあれば、その特徴を記しておきます。


何かヒットしたコンテンツがあれば「なぜ流行ったのか?」疑問を深掘りして、
その中で最も重要なエッセンスを抽出します。








抽象化思考を身につける3つのステップ



① 具体情報を正確に受け取る

② ①から他に転用可能な要素(気づき、背景、法則、特徴)
  を抽出

③ ②をさらに別の何か具体的なものに転用


「ここから何か他にも当てはまる事が言えないか」

「これはなぜか、背景は何か」

「あらゆるこの種類のものって、○○という事が当てはまるな」

「これの特徴はこうだな」

と考えてより抽象度の高い(より多くの具体的な何かにも当てはまることができる)概念を導き出します。




抽象化の際は、
「他の具体にも当てはめて転用すると、同等以上の効果を得られる」


「どんな(特徴)?」「なぜ(理由)?」
と問うクセをつけましょう。


何かを一言で表すのには、相当な抽象化能力が必要です。

物事は時間をかけて考えれば、すべてシンプルな言葉、すなわち抽象概念に
落とし込めます。


「その具体をまとめると、結局何が言えるんだっけ?」と考える事には
時間がかかります。

そして、それが人間の思考能力における一番優れたところです。



本、テレビ、映画、舞台を観ているとき、情報やコンテンツに触れている際にメモをとり抽象化するクセをつけましょう。




次回の記事


今回の記事では、抽象化とは何か? また抽象化の具体的プロセス、抽象化の身に付け方を紹介してきました。

次回はさらに深く抽象化について学んでいきましょう。

詳しく知りたいよって方は、下記より書籍をお買い求めください。

メモの魔力 The Magic of Memo (NewsPicks Book) [ 前田裕二 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/26時点)楽天で購入





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です